Tap to close
   
         
えがおの整骨院 瀬名川院えがおの整骨院 瀬名川院
腰痛
腰痛 腰痛
このようなお悩みはありませんか?
  • 歩いていると腰から足が辛くて休みたくなる
  • 腰が痛くて長時間歩けない
  • 脊柱管狭窄症と診断された
  • おしりから足が痛い
  • 手術が必要と言われた
  • 立っているだけで腰と足がせつない
  • マッサージに行ってもよくならない
  • このような効果が期待できます

    • 長時間歩けるようになった
    • 腰の痛みが無くなった
    • 狭窄症と診断されていたのに症状が良くなった
    • 姿勢が良くなった
    • 手術をしなくても良くなった
    • コルセットをしなくてもよくなった
    腰痛2

    メディア掲載実績

    えがおの整骨院がテレビで紹介されました

    えがおの整骨院がテレビで紹介されました

    有名人

    えがおの整骨院の代表は講師として講演会を行っております!

    患者様の声

    患者様の声2

    静岡市葵区付近在住 米津さん 80代

    辛かった腰が痛みと足のしびれが無くなりました。 整形外科で狭窄症やヘルニアと診断されてこれといった解決方法も教えてもらえずに困っていた時、瀬名川にえがおさんができたので半信半疑で行ってみたところしっかり状態を分析してくれて4ヵ月で痛みとしびれが無くなりました。本当にありがとうございました

    ※効果には個人差があります。

    静岡市駿河区付近在住 高橋さん 70代

    通う前は杖なしでは歩けませんでした。柴田先生の施術で杖なしで歩いて帰れるようになりました。第二の人生スタートです。ありがとうございました。

    ※効果には個人差があります。

     

    【脊柱管狭窄症を治療する静岡市の整体】



    えがおの整体整骨院では、脊柱管狭窄症の原因である脊柱管の問題を治療します。

    脊柱管の問題とは、『脊柱管の関節のズレ』のことです。

    このズレを治すことで、脊柱管に広がった狭窄部位が改善していきます。

    その結果、神経や血管の圧迫が取り除かれ、症状が改善します。

    脊柱管狭窄症と診断され、手術と言われた方は、お気軽にご相談ください。

    私達は、手術は必要ないと考えております。

    治療に加え、脊柱管狭窄症に対する運動療法やリハビリをご提案します。

    お気軽にご相談ください。

     

    <脊柱管狭窄症とは?> 


      
    脊柱管と呼ばれる背骨の中にある管が、変形などにより狭くなります。


    【腰部脊柱管狭窄症のMRI】

    脊柱管狭窄症のMRI




    神経が圧迫を受けているのがわかります。

    正常な腰のMRIで比較すると一目瞭然です。


    【正常な腰のMRI】


    腰部脊柱管狭窄症と比較するための正常MRI




    背骨の後方にある脊髄に圧迫は見られません。


    狭窄の結果、神経を圧迫して、脚の痛みやしびれ、腰痛を出すことをいいます。

    特徴的な症状に、間欠性跛行というものがあります。

    これは、歩いていると脚が痛くなり、歩けなくなるというものです。

    立ち止まって、少し休憩すると痛みはなくなり、また歩き出すことができますが、また数分歩くと痛みが出てきます。

    変形性腰椎症による腰部脊柱管狭窄症は男性に多いです。

    腰椎すべり症による腰部脊柱管狭窄症は女性に多いです。

    特に腰椎の4番と5番の間が起こりやすいです。

    周囲の関節の動きが少なくなっていると腰でかばってしまい、脊柱管狭窄症が進行します。



    <脊柱管狭窄症の主な症状>



    ①間欠性跛行(かんけつせいはこう)

    脊柱管狭窄症の主症状です。

    歩いていたり、体をそると両足に痛みやしびれが出現してきます。


    ②馬尾神経障害

    安静時に両脚のしびれや会陰部のしびれ、灼熱感を感じます。

    歩行により消失する事もあります。

    まれに、残尿感などの膀胱直腸障害が生じることがあります。


    腰部脊柱管狭窄症による関節性跛行や腰痛やしびれの写真



    (日本整形外科学会より引用)



    <脊柱管狭窄症の一般的な治療>



    まずは、全身の血流を改善させるお薬での治療が主体です。

    少し歩いただけでしびれや痛みが出ると、脊柱管の間を広げる手術をします。

    しかし、薬や手術では改善しないことが多いです。

    そのため、手術する前に整体による腰部脊柱管狭窄症の治療が必要になります。

    薬が効かなかった方も同様に整体による治療が必要になります。
     
    脊柱管狭窄症の薬物療法は、脊柱管狭窄症を治療しているのではなく、単に表に出ている症状を軽減させているだけで、薬が切れると再発します。

    整体による原因に対する根本的な改善が必要不可欠です!!


    【補足】

    脊柱管狭窄症の手術についてです。

    痛み、しびれの原因は狭窄ではないことがあります

    そのため、手術しても症状が変わらないことがあります。

    また、脊柱管狭窄症の手術は、除圧術、除圧固定術を行います。

    その結果、今までなかった痛みやしびれが脚に生じた例がたくさんあります。

    また、手術した上下の骨で、圧迫骨折を起こした例は数えきれません。

     


    <脊柱管狭窄症の整体>



    脊柱管狭窄症にならないために、当院の整体がおススメです。

    施術中は痛みはなく、マッサージを受けているような感覚です。

    股関節の動きや肋骨の動きにも着目して、脊柱管の調整を行います。

    股関節は骨盤を通じて腰につながっています。

    肋骨は、胸椎を介して、腰の動きに影響を与えます。

    腰だけではなく、腰に関連するすべての関節や筋肉、内臓、体液を調整していきます。



    <静岡市のえがおの整骨院 腰痛の整体>


     

    1.関節に対して
    腰部の調整だからといって、腰椎ばかり整体していると、失敗します。
      
    頸椎の整体や股関節を整体するのも重要です。

    当院では先入観にとらわれず、関連する関節をすべて整体していきます。


    歪みを矯正




    2.筋に対して
    筋が硬くなり、悪さをする場合があります。

    筋が硬くなっていると、そこに酸欠状態が生じています。

    酸欠状態は、痛みを感じやすくさせます。

    この場合も、腰部の筋肉だけでなく、背骨~股関節、太ももの筋肉まで範囲を広げることが大事です。


    柏市、腰痛に対する大腿部の施術




    3.血行に対して
    血行が悪いと、痛みを出す物質や痛みを増幅させる物質がどんどん産生されます。

    血行を良い状態に維持しておく必要があります。


    4.自律神経に対して
    自律神経の中でも、交感神経が過敏になると、体では異常が生じます。

    激しい痛み、腫れ、むくみ、脱毛、皮膚の脱落、異常発汗、関節の動きにくさといった状態が見られます。

    このような状態になりかけの方が非常に多いです。

    当院では、交感神経の調整を行ないます。

    思い当たるお客様は、すぐにご相談ください。

    5.神経に対して
    神経と言っても、筋肉の中にある神経が問題になってきます。

    筋肉の中の神経が過剰に働くと、筋肉がゆるまず、痛みを発します。

    その筋肉内にある神経の誤作動を生じさせないのが重要です。


    6.骨盤に対して
    骨盤の位置が乱れているお客様が非常に多くいます。

    この乱れのせいで、特定の部位に負担がかかって、痛みが生じているのです。

    そうならないように、骨盤の位置を調整します。


    柏市、腰痛に対する骨盤の位置確認



     

    7.姿勢に対して
    今までの原因とは違って、全身のことが腰痛の原因になる場合があります。

    つまり、腰痛になりやすい姿勢になっているのです。

    それを治さない限り、いくらでも再発する可能性があります。
     
    筋肉の柔軟性や筋力、関節の動きなどをチェックして、適切なアドバイスとエクササイズを行ない、姿勢を整えていきます。


    柏市、腰痛に対する姿勢矯正





    8.筋力に対して
    筋力といっても、大きな筋肉ではなく、インナーマッスルである深部の筋肉です。

    深部の筋肉をしっかり働かせて体幹を固定し、「自分の筋肉でコルセットを作る」とよく表現されています。

    インナーマッスルのチェックとエクササイズを、きちんと行えているセラピストは非常に少ないです。

    当院では、適切な方法で、楽にエクササイズができます。


    姿勢を支える筋力までアプローチ柏市、腰痛に対する体幹エクササイズ





    9.体の使い方に対して
    最後に、かなり重要になってくるのが、腰に負担にかからない体の使い方です。

    しっかりと体幹をインナーマッスルで固定し、股関節・ひざ・足関節が連動して動くことが重要になってきます。

    腰痛になる要因はたくさんありますが、その中で生活習慣(主に仕事)に注目すると・・・

    ①重労働作業
    ②持ち上げ作業
    ③前後屈と腕を伸ばす動作
    ④ひねり動作
    ⑤引き・押し動作
    ⑥座位・立位時間の延長
    ⑦振動

    お客様の動きの癖を見抜き、腰に負担のかからない体の使い方をアドバイスします。



    <生活習慣で注意すると良いこと>



    動作が要因で腰痛になった場合、「使いすぎ」が原因になっていることが多いです。

    使いすぎの要因となった動作を確認して、患部の使いすぎが起こらないよう改善できる部分は指導させて頂きます。

    上記に挙げられた問題となる動作の中で一番多いのが持ち上げ動作です。

    これを改善するポイントとして、以下のポイントが挙げられます。

    ①重い物を持つときはできるだけ体に近づける

    ②物を持ち上げる時は体を曲げず、しゃがんだ姿勢から持ち上げる

    ③足を前後に開き、体が丸くなるのを抑える

    ④足を台に乗せる
     
    それ以外にも動作を変えずに環境を変え、(別の方法を考えるか、その動作をしないこと)腰痛の要因を少しでも減らすことができます。 



    10.コルセットを使うタイミング
    一般的に、腰痛にはコルセットは良いと考えられております。

    また、病院へ行くとコルセットは付けないほうが良いと言われる場合もあります。

    コルセットで重要なのは、時期や状態に応じて使い分けることです。
    コルセットの役割を簡単にいうと、応急処置と保護です。

    腰痛が強い時期は患部を安静に保つことは大事です。

    したがって、この場合のコルセットは正しいと考えます。

    その後、腰痛が落ち着いてきたらコルセットを外します。

    コルセットは、腰に限り、使いすぎても筋力の低下は見られません。

    コルセットは腰痛が落ち着き、不安が解消されるまでつけていて構わないです。

    慢性腰痛の方でも、保護のために付けることは良いと考えられます。
     
    コルセットは大きく分けてサラシのようにゴムなど柔らかいもので巻くだけのものと、硬い支柱の入ったコルセットがあります。
     腰痛が強い場合、後者の支柱の入ったものが関節をしっかりと固定する効果があるため、効果的と言われております。
     
    コルセットをつける時のポイントとして、腰痛のある部分を覆うことも大事ですが、骨盤と背骨がしっかりと固定されている状態が大切です。

    よって、痛みのある部分と骨盤をしっかり覆ってコルセットを巻くと効果を発揮します。

    また、説明書や購入したところで装着方法を聞いておくと確実です。



    <施術後の変化>


    柏市のTさん 施術写真②

     

    施術内容

    腰痛・骨盤プログラム

    腰痛・骨盤プログラム

    患者様の身体の状態を詳しく調べた上で、歪み、筋緊張を的確に施術し取り除いていきます。

    えがおの整骨院瀬名川院の腰痛治療が選ばれる理由

    1. 96%の方が1回の施術で変化を実感しています
    2. 女性施術者がいるので安心して施術が受けられます
    3. 予約制の為、待ち時間がなく、個別に対応できることが安心
    4. 土曜も営業しているので平日忙しい方でも来院しやすい
    初めての方は必ずお読みください

    下記のような方はお断りさせていただく場合がございますので、一度当院までご相談ください。

    ・ペースメーカーを装着されている方

    ・体内に金属が入っている方

    ・妊娠中の方、または妊娠の可能性のある方

    ・体調がすぐれない方(38度以上の熱など)

    来院から治療までの流れ

    • 受付(来院時)
      STEP1 受付(来院時)受付表、問診表をご記入いただきます。
    • 姿勢検査
      STEP2 姿勢検査痛みやお悩みの原因を分析する為、姿勢の写真を撮らせていただきます。
    • 問診
      STEP3 問診問診室にて痛みやお悩みの状態を丁寧に聞かせていただきます。
    • 検査
      STEP4 検査姿勢検査・可動域検査・触診を行って、お体の状態を細かく検査させていただきます。
    • 症状説明
      STEP5 症状説明お体の痛み、悩みの原因、必要な施術が何なのかと、本日の料金を説明し、料金を確認した後治療にはいります。
    • 施術
      STEP6 施術矯正治療や筋肉の施術を行い、痛みを改善します。
    • 受付(治療後)
      STEP7 受付(治療後)お会計とご希望者には次回のご予約を承ります。
    • 見送りSTEP8 見送りお大事にどうぞ!

    料金に関して詳しくはこちら料金に関して詳しくはこちら

    ご予約・お問い合わせ

    • 予約優先制
    • 定休日
      水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
                                                   
    営業時間日・祝
    9:00〜12:00
    15:00〜19:30

    おすすめの関連記事


    Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kabuyui23/egao-senagawa.com/public_html/wp-content/themes/yuimaru/page.php on line 35